おすすめツアープラン

お買い物プラン半日プラン①半日プラン②一日プラン>遊園地ホテル
仕事できたけどバングラデシュの観光も出来たらいいな?バックパッカーで来ては見たけど観光名所もまわりたいな。 バングラデシュに来ては見たけど、まだ一度も観光らしき観光してないな。 そんな‘ちょっと’観光したいと言う方にもってこいの『半日プラン』をご紹介します。

スターモスク:Tara Masjid
スターモスクは、その名前の通り、壁一面に星が敷き詰められ、手前には星の形をした噴水もあります。 青と白のモザイクで装飾されたスターモスクは、どことのなく神秘的で瞑想的な雰囲気もち、どの観光客も魅了させます。 このモスクは、18世紀末にミルザ・ゴランによってムガール様式で建てられましたが、元々はシンプルな長方形のモスクで星の装飾はありませんでした。 20世紀初めに現地のビジネスマンのアジ・ジャンの経済的支援を受け、東庭園がつけたされ、 壁面には当時(1930年代)に流行していたモザイク装飾で内装と外装が変えられました。 モザイクに使われているタイルは、日本製と中国製のものだそうです。 中へ入ると、『ザ日本!』を発見することが出来ますよ!いったい何のことでしょうか? それは、行ってからのお楽しみです。お祈り時間時間以外は見学ができます。

住所: Armanitola, Abul Khairat Rd, Dhaka, Bangladesh
URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Star_Mosque

ラルバク・フォート
ラルバグフォーは、ムガール宮殿の要塞として1678年 モハマッド アザム の元に建設が始まりましたが、 後に彼はインドのムガール帝国王に呼び戻され、後継者として建築家 シャイスタ・カーンが建設を引き続きました。 しかし、途中 シャイスタ・カーンの娘が亡くなったことで、彼はこの建設を不吉なものと思い、要塞は完成しないまま終わりました。 1857年のセポイの乱では、イギリス軍から身を守る為に、要塞として沢山の兵士に利用されていました。 今では、バングラデシュの観光名所や若者達のデートスポットとして賑わっています。敷地内は観光用に綺麗に整備され、 博物館になっています。ムガール帝国時代に使用されていた、銃や大砲などの武器、当時使用されていた絵画や調停品やお金なども 展示され、当時の人の生活様式も垣間見ることが出来ます。要塞の庭は綺麗に整えられ、ベンチなどもあるので天気の良い日に、 のんびりとするのにも良い場所です

住所: Lalbagh, Dhaka, Bangladesh
URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Lalbagh_Fort

アサン・モンジール
この建物は、元々1830年にフランストレーディングセンターとして建てられましたが、 当時ダッカの領主ナワブ・アブドゥル・ガニは、それを購入し、ナワブ家の邸宅として使用していました。しかし、1952年に東ベンガル財産獲得法により 没収されてしまいました。バングラデシュ建国後、ナワブ家のほとんどは外国へ移住しました。建設は1859年に始まり、1872年に完成。建物の名前は、ナワブ・アブドゥル・ガニの息子の名前がつけられています。 アサン・モンジールは、2部に分かれていて東部をラングマハルと呼び、西部をアンダーマハルと呼ばれます。 1888年の竜巻で建物が破壊され、ピンク色のレンガを使用し外観を変えました。通称『ピンクパレス』とも呼ばれ、今ではバングラデシュの最大の観光名所のひとつになっています。 博物館として城内には23のギャラリーがあり、当時ナワブ家が使用していた美しい調度品や家具などが展示されています。 目の前には川がのんびりと流れ、当時の贅沢な生活が感じ取れます。

住所: Sadarghat - Gabtoli Rd, Dhaka, Bangladesh
URL:https://plus.google.com

バングラデシュビザ取得代行


バングラデシュビザ申請代行/ビザオンラインMRV代行作成

詳しくはこちらから